fc2ブログ

企業間競争を勝ち抜くために~孫子の兵法は語る【4連載:その4(最終回)】

前回では、守屋洋氏著書の解説による孫武の七つの教えのうち、1と2についてご紹介しました。今回は、その続きの3からご紹介します。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20120903130607
3) 相手の意表をつくことも、勝利をかちとる重要な条件となる。
戦争は「詭道」(騙し合い)である。したがって、敵の油断を誘い、敵の目をくらます作戦を採用しなければならない。

4) 戦いは、正攻法と奇襲作戦を組み合わせ、臨機応変に運用して戦わなければならない。そのためには、急がば回れの「迂直の計」なども活用すべきだ。
繧ケ繝ゥ繧、繝・_convert_20120903130640
5) 守勢に回ったときは、じっと鳴りをひそめ、攻撃に出たときは、いっきにたたみかけなければならない。

6) 兵力に応じた戦い方を心がける。つまり、十倍の兵力なら包囲し、五倍の兵力なら攻撃し、二倍の兵力なら分断し、互角の兵力なら勇戦し、劣勢の兵力なら退却し、勝算がなければ戦わない。兵力を無視して戦いを挑めば、敵の餌食になるばかりだ。
逃げて戦力を温存すれば、また次のチャンスに賭けることができる。

7) 戦いの理想は、水のあり方に学ぶ必要がある。つまり、兵力の分散と集中を心がけ、たえず敵の情況に対応して変化しなければならない。
硬直した思考は、必ず敗北を招く。

孫武は、その生命を懸けた戦いの実践から、合理的な思考を積み重ねることによって、戦争に内存する法則性を体系化し、六千数百字にまとめました。
その知恵は、現在も多くの人を惹きつけて已まないのではないでしょうか。

弊社では「Xチェーン経営」なる本を出版しております。
この書は、弊社のコンサルタント諸氏が、その経営改革支援の実践現場で積み重ねてきた思考とノウハウを集大成したものです。企業には5つの事業管理領域があることを起点に、4つの事業活動で経営を捕捉し、その強化方策を提唱しています。机上の論理ではなく、我々コンサルタントが実践を通して体系化したものですので、必ずやお役に立つものと確信しています。
是非、ご一読下さい。

(おわり)

関連商品「事業構造改革」コンサルティング
弊社HP掲載:http://www.jbc-con.co.jp/consul_service/pdf/STC02.pdf
イプロス掲載:http://www.ipros.jp/products/141048/016/

困ったときはここ!「 ビジネス解決の玉手箱」
http://www.jbc-con.co.jp/consulting/index.html

コンサルティングのお問い合わせ先:
bca@jbc-con.co.jp にお気軽にお問い合わせください
スポンサーサイト



【theme : 経営コンサルタント
【genre : ビジネス

⇒comment

Secret

No title

なかなかチャーミングな女性ですね。意表をつかれてみたいです・。
訪問者
プロフィール

日本ビジネスクリエイト

Author:日本ビジネスクリエイト
経営改革、業務改革、現場改革、システム実現支援などの総合的なコンサルティングを提供しています。特に製造業の現場に精通したコンサルティングに強みを持ち、SCM/CVM領域でのパイオニアとして認知され、また公益事業向けコンサルティングにおいても実績があります。

経営コンサルティング企業として、日本におけるSCM改革をリーディングしております。
また最近では、「X-Chain Mangement(エックスチェーンマネジメント)」という新しい経営手法を開発して、お客様の事業の成功に貢献しております。

【ホームページ】: http://www.jbc-con.co.jp/

メールでお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

公式メルマガ
メルマガ登録・解除
 

『経営に役立つ
「現場レポート!」』

を購読しませんか?
E-mail

めろんぱん

メルマガ登録・解除
経営に役立つ「現場レポート!」
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
コンテンツページ
日本ビジネスクリエイトは日本初のAPICSの認定教育機関(AEP)
apics

弊社は、以下のページでも記事を掲載しています。

●フジサンケイビジネスアイでの連載記事

書籍案内
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード